【長沼原】 千葉の歴史を学ぶ郷土史研究教室

【長沼原】 千葉の歴史を学ぶ郷土史研究教室

みなさん、千葉の名前の由来をご存じですか?

現在の千葉市緑区大椎町に本拠を置いた大椎氏が、平安時代後期の

常重(つねしげ)の代に現在の千葉市中央区亥鼻付近に本拠を移し、

千葉を名乗ったことが始まりとされています。

その常重の子、常胤(つねたね)は源頼朝に味方し、鎌倉幕府開設に

大いに貢献しました。その後、豊臣秀吉の小田原征伐で滅ぼされるまで

千葉一族はどのように時代を生きたのか、興味深いですね。

プラザ主催の郷土史研究教室で学んでみませんか?千葉の歴史博士が分かりやすく解説します。

日時:毎月第1・3月曜日 13:30~15:30

講師:元千葉市郷土史博物館 館長 丸井敬司先生

ご参加お待ちしております。

千葉市長沼原勤労市民プラザ TEL043-257-1863

郷土史

 

コメントは受け付けていません。

携帯からの予約申込み

携帯からも予約申込みが出来ます!