スタッフブログ

【長沼原】地産地消!からし菜マスタードづくりワークショップ開催

36087250_1770714926351373_4461463498525769728_n 36087540_1770715086351357_4907752334777384960_n

千葉市では「土気からし菜」のブランド化事業に取り組んでいます。

緑区の土気地区の農家さんたちが300年以上代々受け継いできたからし菜種。

伝統的な葉の漬物も美味しいのですが、種はマスタードにも利用できます。

長沼原勤労市民プラザでは昨年11月、千葉市農政課と協力し、

地域住民の皆様に参加頂き、からし菜の種をまく会を開催しました。

そうして今年5月にプラザで試作された種を収穫。

再度皆さまに集まって頂き、

今回は種を伝統的な「唐箕」という農具で鞘などと種をふるいにかける作業を実施。

その後、からし菜種マスタードを試食、試作するワークショップ開催しました。

 

https://www.facebook.com/yoneyamayoho/

米山養蜂様がご参加下さり、ワークショップに貴重な蜂蜜をご提供下さいました。

マスタードと米山さんの蜂蜜の相性は抜群でした。

ぴりっと辛いのが和からし種の特徴ですが、蜂蜜と合わせることで、

辛いのが苦手な方にも美味しく召し上がって頂けます。

市内小学校の先生にも参加頂きました。

子供達に市内の伝統野菜、からし菜を育ててもらうことで、

農を学び、郷土の歴史を知ってもらうような学習を計画されているそうです。

 

土気からし菜ブランド化事業の紹介ページはこちら

https://www.city.chiba.jp/keizainosei/nosei/nosei/karashina.html

 

当プラザでは今後も、今後もこのような地産地消推進の取り組み、

からし菜ブランド化事業への取り組みを継続していきます。

ご興味を持って頂いた方は、ぜひご参加ください!

 

長沼原勤労市民プラザ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)